以前から雑誌やSNSで話題になっている断食に

以前から雑誌やSNSで話題になっている断食に挑戦しました。断舎利ではなく、断食(ファスティング)の方ですよ。

相性が良かったのか短期間に3kg体重が落ち、憧れの40kg台になりました。きれいになるためにそれなりの苦労をして、運動して睡眠もとっていたのに、なんとなくお肌に目たつ皺ができてしまいました。

急に痩せてシワが出るほどの体型ではないんです。そもそも顔は痩せてないし。時期的にダイエットと無関係とも言えませんから、肌の手入れはしていたけど足りなかったのかも。

しばらくはシワケアのほうを集中的にするつもりでいます。またダイエットできるようになると良いのですが。朝は時間が限られているので、お肌の手入れの時間が十分ない人も少数ではないと思います。朝の一分ってまあまあ貴重ですよね。

しかし、朝のお肌お手入れをしっかりしていないと、ゲンキな肌で一日を維持することができません。一日楽しく送るためにも、朝のお肌のお手入れは怠らないようにしてください。肌トラブル、特にかゆみの原因は皮膚炎やアトピー性皮膚炎なことも少なくありません。しかし、肌の乾燥が原因になっていることもたくさんあるのです。とりワケ日本の冬は乾燥しますから、テレビでも乾燥肌のかゆみ用クリームのCMをよく見ます。

こういったものを使っていると、かゆみが治まることがよくありますが、長く治らないなら皮膚科を受診することを勧奨します。

潤いのある肌は保湿が十分できていて、シミのできにくい肌だといえます。

肌の水分量が一定に保たれ、潤っていれば肌表面にしっかりと水分や油分を閉じ込めているので、整ったきめで肌が守られています。

保湿は肌のバリア機能を高めるため、肌全体に紫外線がダメージを与えることを抑えられ、乾燥している肌に比べてシミもできにくくなります。お肌が乾燥しないよう、シミ予防のためにも、気をつけなければなりません。若いうちから肌に拘る人は、なかなかいないかも知れません。

どちらかといえば、肌に無頓着な人の方が多いようですが、スキンケアを全くしないまま、まだ何のケアしなくても、若いうちは大丈夫と考えている人はいますか?でも、20代の肌だからといって、シワができないなんてことはないですよね。

シワができる原因は主に肌がうけてしまう、紫外線や乾燥などによる損傷になりますが、それらのダメージが一日一日と積み重なって肌への影響を大聴くします。

ですから、健康的な瑞々しい肌を維持していくつもりなら、20代であっても、日々のスキンケアをおこなうべきになります。

ニキビは思春期に指しかかると出はじめる症状で、赤ちゃんには発生しません。乳児によくあるのは、いわゆるオムツかぶれなどのかぶれがあります。赤ちゃんの肌は、とても繊細で、すぐにかぶれが起きてしまいます。ニキビはかぶれとは同じではないですよね。ベビーのお肌に何かトラブルが発生したらなるべく早く病院で診察をうけてちょーだい。

肌にシワができる原因は、細かく挙げればさまざまになります。

しかしながら、最大の原因と言えるのは「乾燥」です。

肌の水分が足りなくなって、乾燥して皮膚表面のシワが増えて行く事になります。

シワが目たつ部分である目尻、この部分は皮脂の分泌が少なくなっていて皮膚が乾燥すると、その影響をすぐにうけしまい、他の部分に先駆けて、小ジワが出てきてしまうようになります。それからこれも加齢に伴う自然現象ですが、皮膚の張りを保っているコラーゲン(魚のアラや鶏の皮、豚足、牛すじなどに多く含まれています)、ヒアルロン酸、これらは足りなくなっていくので、これによってもシワ、たるみは増えていくことになるのです。いよかんやみかんなど、柑橘類はビタミンを手軽に摂れるので、シミのない美肌をつくリ出すために食べてほしいものの一つです。けれども、みかんを食べるタイミングには気をつけてちょーだい。

朝に食べると、これから紫外線を浴びる時間帯なので、ソラレンという柑橘類に多い成分が光や紫外線を敏感にうけ止めるはたらきをして、シミを防ぐどころか、かえってシミの原因になってしまいます。美肌やシミ予防を考えて、みかんは夜食べることを心がけてください。シミ、そばかすなどの肌の老化トラブルをちょっとでも薄くすることが出来ればと考えて、美肌に良いといわれるビタミンC誘導体が配合された美容液を使うようにしています。顔を洗って余分なメイクや汚れを落とした後、指先に美容液を少し出して、トントンとパッティングするようになじませます。使用をはじめてから一ヶ月くらいでコンプレックスだったシミが少し薄くなってきたのがわかって、前向きな気持ちになりました。

お肌に先天性のシミ、色素沈着、アザなどがあって、多くの方が悩まされています。

昔はこのようなシミなどは消せないとされてきましたが、皮膚科の医療の進歩はとても速く、完全に消えなかったり、跡が薄く残る場合もありますが、メイクで隠せるくらいに薄くすることはできるでしょう。

もし、シミやアザ、紫斑などをずっと気にしているのなら、皮膚科でカウンセリングだけでもうけてみてちょーだい。それに、シミ、アザをどのように消したのかという体験談を治療する前にできるだけ調べてみてください。